印鑑と日本にしかないもの

イメージ画像

印鑑の歴史って、結構古いんですよね。
たとえば、教科書に「親魏倭王」なんて金印が出てくるでしょう?
残念ながら、卑弥呼の金印は出土していないのだけれど、そのくらい昔から、印鑑は大事な場面で使用されてきたんですよね。

銀行印ができたのは、もちろんもっと後、少なくとも銀行ができてからなわけだけれど、平安時代にはすでに貴族や公家などの間で私印が用いられ始めていて、大事な契約には印鑑が用いられていたような記録があります。
戦国時代には、武将だって印鑑を使っていたというから、なかなか驚き。
しかもローマ字が使われたものもあったのだとか。
面白いでしょう?

現在の印鑑にも使われている印相体のような書体ができたのは、江戸時代。
そんな頃からずっと受け継がれてきているなんて、ちょっとロマンですよね。

世界的に見ると、本当に珍しい国で、自筆のサインよりも印鑑が大事っていうのは、確かに客観的に見るとおかしい!(笑)
実際、偽造印鑑で銀行の預金を引き出す事件が相次いだ時期もあったのに、それでも廃れない印鑑文化ってすごすぎです。
でも、独自の文化だからこそ、大事にしていきたいなぁって思ったり。
日本は、日本にしかないものをたくさん持っている国なんだものね。
でも、銀行印はどんどん使うことよりも、じっくり寝かせてあげる方が良いのだそう。
語呂合わせな部分もあるだろうけれど、その方が「お金を寝かせておける」んですって。
納得。

〔話題のWEBサイトご紹介〕
アクリル印鑑に和紙やキャラクターのイラストを埋め込んだものや、 ネイルのデコレーションを施した、おしゃれはんこが大人気!
かわいい印鑑は持っているだけで心が踊ります。贈り物としてもオススメです!
⇒おしゃれはんこの専門店《キレイはんこ》を見てみる

このページの先頭へ